地域初導入!AED
日本では病院外で年間2万〜3万人(*1)もの方が、心臓突然死によって命を落とすと言われています。心臓突然死の主な原因に、心筋の動きがバラバラになり、心臓のポンプ機能が失われる心室細動があります。心室細動は、発生から1分ごとに救命率が7〜10%下がるといわれ、いかに早く救命処置を行うかが生死を分けることになります。心室細動の危機から命を守るには、強い電気ショックを与えて心筋のけいれんを除去する電気的除細動が最も効果的だといわれています。この電気的除細動を自動的に行うのがAEDなのです。

AEDは一般市民の使用が認められており、操作は音声ガイダンスに従って、電極パッドを傷病者の胸部へ張り付け、電気ショックのボタンを押すだけです。また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方 にのみ電気ショックを流す仕組みになっているので、安心です。

私共富士交通のタクシー、観光バスは街中を運転しながら移動する事が多い業種です。その分もしもの現場に居合わせる可能性も高いと考え、適切な救命活 動が行えるよう、このたびAEDを装備する事にしました。


※AEDは高度管理医療機器です。
(*1) 「非医療従事者によるAEDの使用のあり方検討会報告書 2004.07.01」より